HOME > 医療事務とは > 医療事務・5つの業務とは

医療事務・5つの業務とは

医療事務の仕事として大別される「受付業務」「オペレータ業務」「会計業務」「病棟クラーク業務」「レセプト(診療報酬請求)業務」の5つとはどんな業務なのかをご紹介します。

「受付業務」
外来受付窓口業務の流れは、下記のようになります。
診療の受付から始まり、保険証の確認〜診察券の発行とカルテの作成の後、患者さんを受診科へ案内し各科へカルテを搬送します。

「オペレータ業務」
患者さんの診療情報などの入力を専門に行う業務です。
診療内容や処方薬剤、患者情報などをレセプトコンピュータに入力して医療費を算定します。
患者さんのデータ管理に、パソコンを使わない病院はほとんどなくなってきているので、医療の知識に加えて基本的なパソコン技能は必要不可欠ともいえます。

「会計業務」
会計業務は、診療を終えた患者さんのカルテを見て負担分を計算し、診療費を徴収するお仕
事です。患者さんは、会計を済ませて早く帰宅したいと思っているので、正確さだけでなく
迅速さも要求される業務です。

「病棟クラーク業務」
患者さんと医療スタッフとのパイプ役が主な業務です。
主な仕事内容としては、カルテの管理や伝票管理、入院台帳や患者カードの整理、患者さん
の入退院の諸手続きなどがあります。

「レセプト(診療報酬請求)業務」
医療事務=レセプト業務と言われるくらい医療事務の主要なお仕事です。
病院側が、患者さんに診療費の請求のために発行する診療報酬明細書(レセプト) を作成し
、診療報酬を請求する業務のことです。


また、上記の5つ以外に「統計業務」というものもあります。
統計業務とは、外来・入院患者数の動向やその内容、病床稼働率などの統計を作成したり分
析したりするお仕事です。
患者さんの動向を知ることは、病院経営にとって重要なことなので、統計業務も医療事務の
大切な業務のひとつです。

<<医療事務とは に戻る